<袖を作る>
(袖口フキの無い場合の、袖口止めの仕方)

表布裏布を中表に合わせ、袖口を縫う
0.1センチのキセをかけて表布側へ倒す
表に返し、出来上がりの状態に置いてみる

袖口の止めをする
@表前袖側のキセ山より針を出し
A表後ろ袖のキセ山を少しすくい
B裏後ろ袖のキセ山を少しすくい
C裏前袖のキセ山を少しすくい
D、@の0.1下(袖底側)に戻る
E表前袖の内側に糸が2本出ています
F、Eの2本の糸でシッカリ二度結びます、糸はまだ切らないで下さい。
(袖口の止め、ここまで)
Fの結び目を下にして置きます
内側の2枚の布が折れているので、その2枚を斜めに折って(袖底で自然に開く程度に)アイロンで綺麗に押さえます
まず、表布を折りました
ひっくり返して裏布も折った所です
4枚を揃えてまち針で止め、止めをした糸で、4枚一緒に縫います
止めから2センチ下までは、半返し縫い
(この時、斜めに折った内側の布も必ずすくって下さい)




以下はレシピを参照して下さい

(補足:もう一方の袖は、止めをして袖口下2センチまで半返し縫いをしたら一旦玉止めをし、表布を見ながら、袖底の方から縫います。)