/ 袖無し半襦袢 / お人形の着物 / 布ぞうり / プロフィール / リンク集 / 掲載本の紹介 / 特定商取引法の記載 / 手芸教室のご案内 /
サイト内検索

TOPへもどる
普段着の着物暮らし

  マジックテープ付き 袖無し半襦袢、衿ファスナー交換タイプ+替え袖のセット  


こちらの商品は半じゅばんと替え袖のセット商品になります
裾は含まれませんのでペチコートや裾除けをご用意ください
特徴としましては、
あらかじめ替え袖が簡単に付けられるように袖付け部分にマジックテープをお付けしました、

替え袖を糸で縫いつけるにしても、マジックテープで仮止めしておいたら縫い付けやすい事に気づきまして、このような仕様になりました
袖は完成品ですのでサイズ変更はできませんが、一般的なサイズ(袖丈49)でお仕立ててあります

替え袖に良い反物が手に入りましたら、更新していきます。




・衿はファスナーで外れます、お洗濯の際に楽だと思います。

・身頃はさらしです、汗をかいたらネットに入れて洗濯機で洗えます



・身頃には替え袖を縫い付ける「袖付け布」が付いています、お着物の肩幅に合わせて、替え袖を付け替えて下さい(肩幅は30〜32センチに対応します)

・また、「袖付け布」と「替え袖」にマジックテープが付いています、マジックテープだけでは外れてしまいそうで心配でしたら、マジックテープで仮留めした上から糸で縫い付けてください

・「袖付け布」には1センチ間隔にガイド線がついています、身頃と袖付け布の境目が肩幅30センチです、着物の肩幅を測り、着物の肩幅と同じ位置に「替え袖」を付けてください



・身頃の背中には腰紐を通す「衣紋抜き」が縫い付けてあります



・くりこしは標準で2センチですが、衿を抜いて着るのがお好きな方は「くりこし3センチ」でも良いと思います、ご注文の際にご連絡ください





・替え袖のサイズは一般的な【袖丈49】でお仕立しています、袖のサイズ変更はできませんのでご了承ください

・身頃と袖付け布の境目が肩幅30センチです、基本は、着物の肩幅を測り、着物の肩幅と同じ位置に「替え袖」を付けますが、

 襦袢の裄が短い時は替え袖を外側にずらしたり、襦袢の裄が長い時は内側にずらしたりしてみてください




袖無し半襦袢(さらし・衿ファスナー交換タイプ)+ファスナー付き替え衿芯(三河木綿)+替袖(白紋紗麻ききょう流水柄)のセット
¥8900円+送料は実費円 (ご注文後の製作)
 


サイズ:着丈約63センチ
サイズ:袖丈49センチ
サイズ:袖幅32センチ
袖付け布と替え袖にマジックテープ付き
替え袖は麻+化繊の襦袢用反物からお仕立てしました、ききょうと流水の柄です
替え袖に画像7枚目の様に織り傷ありますご了承下さい
替え袖に画像8枚目の様に日焼けありますご了承下さい
替え袖も麻なので洗濯機で洗えます(ネットに入れて下さい)


 替え衿だけもございます





@ご家庭で、付属のファスナー付き替え衿芯に、半衿を縫い付けてください
何枚か作っておかれると便利と思います。

@半衿の両端を1センチ程、裏側に折って伏せ縫いをします。 替え衿芯の幅に揃えて半衿を縫い付けます。
A半衿の端を1センチ裏側に折り(画像は刺繍を中央に出すため多めに折っています)替え衿芯の中心と、半衿の中心を合わせてまち針を打ち、B平らな所に置いて、半衿の先にもまち針を打ちます、C中心からの長さを揃えます、Dまち針を足して押えますE芯に縫い付けます
F両縁共を芯に縫い付けたところです

お洗濯の際も、半衿を芯から外す必要はありません


A袖付け布が付いています、ご家庭で替え袖を縫いつけてご使用下さい
袖付け布には1センチ間隔のガイド線が付いています、
身頃と袖付け布の境目が肩幅30センチですので、肩幅30センチのお着物に合わせる時は袖付け布ぎりぎりに、
肩幅31センチのお着物に合わせる時には身頃と袖付け布の境目から1センチ離して・・という様に縫い付けます。
対応できる肩幅は、30〜32です。


以下はこの襦袢に付けられるオプションになります


B袖付け布を、ガチャックというクリップで袖を挟むタイプに変更可能です(マジックテープは付かなくなります)
ちょっとの事のようですが、縫わなくて良いって、やっぱり楽ちん。
袖付け布には1センチ間隔でタックが付いています、
身頃と袖付け布の境目が肩幅30センチですので、肩幅30センチのお着物に合わせる時は袖付け布ぎりぎりのタックに、
肩幅31センチのお着物に合わせる時には身頃と袖付け布の境目から2本目のタックに・・という様に挟んで下さい。
対応できる肩幅は、30〜35です 。 お値段は700円追加になります 。


Cくりこしは標準で2センチです。
←画像の半襦袢でくりこし2センチです
もっと衣紋を抜いて着るのがお好きな方は3センチでも良いと思います。


Dセットの、ファスナー付き替え衿芯を、三河木綿製から、バイヤス衿芯、又は、ソフトバイヤス衿芯に変更が可能です
←画像左から、バイヤス衿芯、ソフトバイヤス衿芯、右が三河木綿衿芯です。
バイヤス衿芯の方が張りがあって、衿が潰れにくい感じがします
私は、普段着の時は三河木綿、
入学式などのあらたまった席にはバイヤス衿芯を使っています
三河木綿とバイヤス衿芯、ソフトバイヤス衿芯の違いはこちら
お値段は変わりません。



Eバストの豊かな方向けに、赤い線の様に、衿付けを少しカーブして縫うことも出来ます。お値段は変わりません



F身長170センチを超える方は、衿丈を長めに作りますのでコメント欄でご連絡下さい



Gファスナー付き替え衿芯、余分に欲しい方はご追加ください。
画像左から、バイヤス衿芯、ソフトバイヤス衿芯、右が三河木綿衿芯です。
三河木綿とバイヤス衿芯、ソフトバイヤス衿芯の違いはこちら

ファスナー付き替え衿芯(三河木綿)
¥940円+送料は実費円+これのみご注文の場合は振込手数料ご負担下さい (ご注文後の製作)
 

一般的な襦袢の衿芯に用いられる三河木綿で作りました。ご家庭で半衿を縫い付けてご使用下さい


ファスナー付き替え衿芯(バイヤス衿芯)
¥940円+送料は実費円+これのみご注文の場合は振込手数料ご負担下さい (ご注文後の製作)
 

一般的な襦袢の衿芯に用いられるバイヤス衿芯で作りました。ご家庭で半衿を縫い付けてご使用下さい


ファスナー付き替え衿芯(ソフトバイヤス衿芯)
¥940円+送料は実費円+これのみご注文の場合は振込手数料ご負担下さい (ご注文後の製作)
 

一般的な襦袢の衿芯に用いられるバイヤス衿芯で作りました。ご家庭で半衿を縫い付けてご使用下さい


Hオープンファスナーお分けします
弓岡勝美さんも「衿芯は古い帯芯を使うといいのよ〜」とお勧めしていたように、
厚手の古い帯芯をお持ちの方は是非作ってみて下さい。→作り方
120pソフトオープンファスナー  
¥240円+送料は実費円+これのみご注文の場合は振込手数料ご負担下さい



I文具屋さんでも売っています、書類等を留めるクリップです、サイズは小が良いと思います
ガチャ玉は標準で15個入っていますが、16個使いますので1個余分に入れさせていただきます。
ガチャック(小)  
¥430円+送料は実費円+これのみご注文の場合は振込手数料ご負担下さい





HOMEへもどる



お手入れ例です

お手入れは、衿と袖を外して、
N身頃はネットに入れて洗濯機で洗えます。
O替え袖は、正絹は洗えませんので汚れたところをベンジンなどで拭いて落とします、麻はネットに入れて洗濯機で洗えます。 P替え衿は、縮緬や刺繍の半衿が付いた物は家庭では洗えませんので汚れたところをベンジンなどで拭いて落とす、又は、クリーニングに出してください。
化繊の半衿などご家庭で洗えるものは、汚れをブラシなどでこすって落とす、又は、ネットに入れて洗濯機で洗えます、軽く水分をしぼったら吊し干しにしますが、タオルなどに平らに置き挟んで、良く水分を取ってから平らな棒などに吊るして干しすとシワが残りません。
いずれも、ファスナー付き替え衿芯に縫いつけたままの状態で洗います、、又、そのままの状態でクリーニング屋さんでも取り扱ってもらえます。




三河木綿の衿芯と、バイヤス衿芯の違い

画像上の2枚が、バイヤス衿芯です
中の2枚が、ソフトバイヤス衿芯です
下の2枚が、三河木綿の衿芯です
バイヤス衿芯の方が張りがあって、衿が潰れにくい感じがします
私は、普段着の時は三河木綿、
入学式などのあらたまった席にはバイヤス衿芯を使っています

バイヤス衿芯: 衿中心(首の後ろ部分)のみ芯を2枚重ねています。衣紋が丸く抜ける感じです。

ソフトバイヤス衿芯: 衿中心(首の後ろ部分)の重ね芯を省きました。衣紋はとがった感じになりますが、夏物など薄手のお着物にはこのくらいのほうが着易いかと思います。

三河木綿衿芯: 一般的に衿芯に使われます三河木綿芯で作っています。衿合わせ(首の前部分)がペタとした感じになりますが、一番扱いやすいと思います。




TOPへもどる

『衿ファスナー交換半襦袢+替え袖のセット』へ頂いたお問い合わせのお返事



この頁へのお問い合わせ あれば送信してください




楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!