ミニチュア浴衣


「ミニチュア着物の型紙で浴衣も作れますか?」とご質問を頂いたので作ってみました・・・。

なかなかいいかんじです^^。、

布を裁つ時に、縫い代を以下のように付けて裁ち、
縫い代の始末は、背、脇、裾、衿下、袖口、袖付けと振りは「折りぐけ」をして下さい、
袖底の縫い代は「袋縫い」で始末して下さい。

背、1.0センチ
脇、1.5センチ
裾、1.8センチ
衿下、1.0センチ
衿付け、0.5~1.0センチ
袖口、1.0センチ
袖付け、1.5センチ
袖底、3.0センチ

作り方 ございます

替え袖の作り方


替え袖の簡単な作り方



単の長襦袢でしたら、袖付けの糸を切って、袖を外すだけ、でOKです。
襦袢の袖寸法は、こちらを参照してみてください。


袷の長襦袢の場合は、袖を外したら、袖付け部分開いた箇所を糸でまつって閉じて下さい。

長襦袢を用意します 袖付けの糸を切って、袖を外します 袖付け部分が開いていますので、コの字まつり(はしごまつり)でまつります まつり終わりました。

半襦袢に付ける時は、袖底の縫い代のある方が前身頃です


反物から作る場合

以下の方法はミシンで縫う簡単な方法なので
丁寧な仕立てにするならば、
底の縫い代を袋縫いにしたり
袖口と袖付け側の三つ折を【折りぐけ】という方法で手縫いしてもらうと綺麗な仕上がりになります。



 替え袖のサイズについて

★襦袢の袖幅は着物の袖幅マイナス0.5~1センチです。袖丈も着物の袖丈マイナス0.5~1センチです。

★替え袖の袖幅も、お持ちの着物の袖幅マイナス0.5~1センチで作ります

例えば、肩幅31センチ袖幅31センチ=裄62センチの着物をお持ちでしたら、

着物の袖幅31センチマイナス1センチ=袖幅30センチの替え袖を作ります

それを裄64センチの着物に合わせようと思えば、図のように、袖口側にずらして袖付け布に付ければOKです。

★替え袖の袖丈も、お持ちの着物の袖丈マイナス0.5~1センチで作ります

着物の袖丈に合わせて、短い袖、長い袖、何枚かあると便利ですね

ミニチュア着物をリカちゃんに着せてみる

  
ブライスサイズの着物をリカちゃんに着せてみたいと思います

私がブライスを買った時は
ブライスもリカちゃんも『タカラ』という玩具メーカーが作っていて
リカちゃんのボディにブライスの頭を付けて販売を始めたとか
ボディーは一緒のものを使っているんだよと聞いていたのですが、、、


↑リカちゃん ↑ブライス

今回初めてリカちゃんを買ってみて若干違う事に気がつきまして、、、

果たして同じ着物を着せられるのでしょうか?

着物は腰揚げが縫ってありますので羽織らせてウエストでゴムをとめるだけになっています

帯は簡易帯でスナップどめの物を使ってみました


どう?


どう?


どう?


ん?ちょっとボリューミー?かなぁ?

ということで


少し修正してみました。これでどうかな?

着物は直さなくて大丈夫そうです

お人形に着せる際の着付け小物セットを少し修正させていただきました
①腰の補正は不要
②補正付き半衿の補正を外します
③補正付き半衿のウエストゴムを8cm→7cmに短くします

こんな感じ
この上に着物を着せます

④簡易帯の胴回りを1センチ細くするか、スナップの位置を内側にずらしてください

いいかんじになりました。



作り方ございます


ミニチュア着物をプーリップに着せてみる

ブライスサイズのミニチュア着物を「プーリップに着せられますか?」とご質問を頂いたので着せてみました
これがプーリップです。初めて実物を見ましたよ~、・・・ぐふふふふ・・・かわいいですぅ

身幅は良い感じですが、丈が短いですね~~
あと、裄ももう1センチ位有った方が良いと思います
補正も少し直さないと、胸の辺りがデコボコしています・・・
なので、
袖幅を1センチ出して、袖丈も伸ばした方がかっこいいですね
身頃の上半分はよさそうなので、裾で何センチか伸ばしたら良いのではないでしょうか



TOPへもどる




ファスナーポーチの作り方(ラウンドファスナー)



画像のようなファスナー付きのポーチを作ってみましょう
材料-表布/内布/ファスナー(20cmのナイロンファスナーなど)/
作り方-
①型紙を用意する-
型紙はお好みサイズで大丈夫です、画像のものはA4サイズのコピー用紙を4つ折りにした大きさです
②接着芯を型紙通りの大きさに2枚裁つ
(厚みはお好みです、画像のものは1mm厚程度のナイロン接着芯です、キルト綿でふんわり仕立てても良いです。point芯には縫い代はつけません)
③表布の裏側に型紙通りに印を付け、縫い代1cm付けて裁つ-
④内布の裏側に②で断った芯をアイロンで貼り、縫い代1cm付けて裁つ
⑤内布2枚を中表に合わせ印通りに開き止まりまで縫う(芯ぎりぎりの位置を縫います)

⑥表布にファスナーを付ける-
(縫い方はミシンがあればミシン縫い、手縫いの場合は半返し縫いでしっかり縫って下さい)
a-表布を中表に合わせ、ファスナー付けの下部分のみを縫う(底から2センチ程度の部分のみです)

ファスナー付け位置にファスナーを付ける
b-表布は印通りと、ファスナーは金具から5mm外側とを合わせしつけをするpointファスナーの先は→画像の様に斜めに縫い込む様に縫って下さい
c-ミシンの押さえをファスナー押えにし、しつけどおり縫う
d-しつけは外しておく
e-ファスナー付け位置の布端にステッチをかける

⑦表布を中表に合わせ、脇と底を印通り縫う
⑧角の縫い代は直角に折って糸で綴じておく
⑨表に返す、角は目打ちなどでしっかり出しておく
⑩内布のファスナー口まわりを印通りに折り曲げ、立てまつりで本体にまつりつける(脇の縫い代は割ります)
-完成です-

↓ 内布と立てまつり