ミニチュア着物をプーリップに着せてみる

ブライスサイズのミニチュア着物を「プーリップに着せられますか?」とご質問を頂いたので着せてみました
これがプーリップです。初めて実物を見ましたよ~、・・・ぐふふふふ・・・かわいいですぅ

身幅は良い感じですが、丈が短いですね~~
あと、裄ももう1センチ位有った方が良いと思います
補正も少し直さないと、胸の辺りがデコボコしています・・・
なので、
袖幅を1センチ出して、袖丈も伸ばした方がかっこいいですね
身頃の上半分はよさそうなので、裾で何センチか伸ばしたら良いのではないでしょうか



TOPへもどる




ブライスへ着付け(スナップ留めの昼夜帯)

スナップ留めの昼夜帯なら着付けが簡単です

①足袋をはかせます ②半衿のゴムをはかせます ③ゴム(スナップのない物)で押さえ ④背中で結びます ⑤補正を腰にあててゴムのスナップを後ろでとめます
腰上げが縫ってありますので巻きつけるだけで着せられます
⑥着物の袖に手をとおし、背中心を背骨にあわせます
⑦下前見頃をまきます ⑧上前身頃を重ね、腰紐のをあてますスナップをとめます ⑨背中でスナップをとめます ⑩昼夜帯のお太鼓部分を背中心にあわせます
 
⑪胴を巻きスナップを留めます ⑫完成です


リボンの角度を変えると雰囲気も変えられます



作り方ございます


ブライスへの着付けとお太鼓結び

①足袋をはかせます ②半衿のゴムをはかせます ③ゴム(スナップのない物)で押さえ ④背中で結びます ⑤補正を腰にあててゴムのスナップを後ろでとめます
腰上げが縫ってありますので巻きつけるだけで着せられます
⑥着物の袖に手をとおし、背中心を背骨にあわせます
⑦下前見頃をまきます ⑧上前身頃を重ねます ⑨腰紐を当てて ⑩背中でスナップをとめます
⑪帯の細い部分を前身頃におき ⑫背中で手先(細い方)が下に来るように結びます。帯の裏側が見えるようにねじっておきます ⑬手先を反対側の脇までもってきて、胴の幅に折ります ⑭手先を結び目の上に重ねます ⑮タレ(太いほう)を裾の方へ折ります
⑯平らな面が帯上にくるようにおりあげ ⑰帯上の位置にお太鼓紐を置き ⑱胸側でスナップをとめます ⑲お太鼓の帯下位置に帯締めを内側からあて ⑳残りのタレ先(太いほうの先)をおりあげます
タレ先を少し残しておりあげ、帯締めを前に持ってきて 胸側で結びます 帯揚げを帯のすきまにとおし(ゴム通しがあると便利です) 前で結びます 顔側にある帯揚げをまっすぐ垂らします
   
ゴム通しなどの道具を使って帯の隙間に押し込み整えます 完成です


こちらの手結び帯なら、他にも立て矢結びや、文庫結びなど、色々な帯結びが楽しめます。



作り方ございます