ブログ

ファスナーポーチの作り方(ラウンドファスナー)

投稿日:2017年5月12日 更新日:



画像のようなファスナー付きのポーチを作ってみましょう
材料-表布/内布/ファスナー(20cmのナイロンファスナーなど)/
作り方-
①型紙を用意する-
型紙はお好みサイズで大丈夫です、画像のものはA4サイズのコピー用紙を4つ折りにした大きさです
②接着芯を型紙通りの大きさに2枚裁つ
(厚みはお好みです、画像のものは1mm厚程度のナイロン接着芯です、キルト綿でふんわり仕立てても良いです。point芯には縫い代はつけません)
③表布の裏側に型紙通りに印を付け、縫い代1cm付けて裁つ-
④内布の裏側に②で断った芯をアイロンで貼り、縫い代1cm付けて裁つ
⑤内布2枚を中表に合わせ印通りに開き止まりまで縫う(芯ぎりぎりの位置を縫います)

⑥表布にファスナーを付ける-
(縫い方はミシンがあればミシン縫い、手縫いの場合は半返し縫いでしっかり縫って下さい)
a-表布を中表に合わせ、ファスナー付けの下部分のみを縫う(底から2センチ程度の部分のみです)

ファスナー付け位置にファスナーを付ける
b-表布は印通りと、ファスナーは金具から5mm外側とを合わせしつけをするpointファスナーの先は→画像の様に斜めに縫い込む様に縫って下さい
c-ミシンの押さえをファスナー押えにし、しつけどおり縫う
d-しつけは外しておく
e-ファスナー付け位置の布端にステッチをかける

⑦表布を中表に合わせ、脇と底を印通り縫う
⑧角の縫い代は直角に折って糸で綴じておく
⑨表に返す、角は目打ちなどでしっかり出しておく
⑩内布のファスナー口まわりを印通りに折り曲げ、立てまつりで本体にまつりつける(脇の縫い代は割ります)
-完成です-

↓ 内布と立てまつり

-ブログ
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

着物のはぎれを洗う時は新聞紙で挟んでラップの芯で巻くと良いらしい

リサイクル着物のイベントでご一緒させていただいた方から 「着物のハギレを洗う時は新聞紙で挟んでラップの芯で巻くと良いのよ」 と教えて頂き 以来、 着物のハギレを洗うときはその方法で洗っています 洗剤は …

帯を購入する際に気をつける事 『サイズ・季節について』

楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント! 大まかに分けると 袋帯 名古屋帯 半幅帯(細帯) に分けられます 袋帯は、30センチ程度の帯巾の長方形で、 着る時に胴の部分を半分に折って着ます、 …

着物 たとう紙(文庫とも言う)の包み方

着物 たとう紙(文庫とも言う)の包み方 着物を包む和紙でできた紙がありますが 着物を仕舞うのは簡単なようで難しいよね 関連

着物のたたみ方 ここなら分かり易いお勧めYouTube

着物の畳み方 ここなら分かり易いと思う 着物の畳み方のお勧め動画(YouTube)を載せておきます by和道楽着物屋さん 関連

これだけは揃えたい和裁道具

    竹尺 ( 竹差し ) 50cm | つくる楽しみ価格:399円(税込、送料別) (2017/10/5時点) ものさし コテを当てることも有るので竹製がお勧めです お人形の着物用なら30cmの長 …

固定

コンテンツ