着物の保管方法


着物の保管方法

タンスの中でしまわれっぱなしの着物は
着物の保管方法を間違えると
裏地が黄ばんだり、黄色い点々シミ(あく)が出たりしてしまいがちです

昔から年に1回でいいから虫干しをするといい

と言われますよね

着物の虫干し虫干しイメージ(笑)

乾燥した天気の良い日を選んで

部屋に張ったロープに着物をぶらぶらかけ

風通しを良くして半日くらい干す

その後畳んで文庫にしまいます

あと気をつけることといえば、

タンスにぎゅうぎゅうに詰めすぎないことでしょうか

スカスカくらいで仕舞ってください

←着物の畳み方

←文庫の包み方

←帯の畳み方

えっ!デパートで着物を預かってくれるって?

ところで、最近はデパートの呉服売り場や呉服店などで着物を預かって保管してくれるそうですね


例えば<橘屋> きものトランクルームサービス
伊勢丹新宿店の7階にある呉服店です


着たら持っていくだけ

お手入れもしてくれて、

保管してくれるサービスです

一ヶ月の保管料は500円くらい?

デパートの呉服売り場や呉服店で保管してくれるなら安心ですね

お手入れが面倒とか、

着物離れの時代ですが、

着物が敷居の高いものでなく身近になったらやっぱり嬉しいです。

あなたがお持ちの「使える」帯揚げの色教えてください結果
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク