半衿の付け方

楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

半衿の付け方
着物を着る時には、襦袢に半衿を糸と針で縫い付けるのだけれど
その縫い付け方です
まず、こんな感じでも良いんだ
という一例で
簡単な縫い付け方のご紹介です

衿付け側ともう一方を
地衿にザクザクと縫い付けてあるだけ

半衿の端(手前側)はビロビロと糸が出たままだったりしていますが

着物を着るたびに半衿を外して洗ってまた縫い付けてなので
こんな感じでも大丈夫です

表側は細かい針目で
裏側は長めの針目になっています

表側は細かい針目にはなっていますが、、、

ただ
これだと

着た時に
首の後に針目が見えてしまう可能性もあるので

出来れば
首の後ろ部分だけでも
針目が見えないように

↓のように、
首の後ろ部分だけでも本ぐけで
くけてもらうと良いかと、、、思います


半衿の付け方(くけ縫い)

広衿の長襦袢への半衿の付け方を紹介します
まず、
半衿の両端を裏側に
1センチ程折り、
伏せ縫いします
半衿の衿付け側を裏側へ1センチアイロンで折って、まち針を打ちますが
画像は刺繍半襟なので、
柄の中心が地衿の中心にくるように
2センチほど折り込んでいます

まち針を打つ時は、
まず半衿の中心と背中心を合わせたところにまち針を打ち、
半衿の端にそれぞれ1本ずつまち針を打ちます

ポイントは、半衿が少し引っ張られる程度です
半衿がピンと張る程度?
半衿がブカブカだと美しくないと言われています

まち針を背中心と衿端に打ったら一旦
半衿の位置が
中心から同じ長さか
確認します
地衿の先を揃え
もう一方の手で衿の中心を持ち
揃えてみます
左右で長さが違っていたら直します
まち針を打ち足してくけていきます
縫い始めはひと針返し縫いをします
ひと針分手前から針を出し、、、
半衿の折山を衿先の方向へ
半衿の端に向けてすくいます
進行方向が逆になります
半衿の先と同じ位置で
地衿の山を
衿山の方に向かってすくいます
次は半衿の折山をすくいますが、
縫い目の糸が見えないように
出ている糸のすぐ隣の位置に針を入れること
半衿すくって→地衿すくって→半衿すくって→地衿すくって→と
同じ間隔の針目でくけ合わせるのを本ぐけと言います。



衿付け側をくけ終わったら
もう一方も同様に

衿を平らに置いて
地衿と同じ巾で半衿を裏側へ折り込み

本ぐけでくけて完成です。

帯を購入する際に気をつける事 『サイズ・季節について』

楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

大まかに分けると

袋帯

名古屋帯

半幅帯(細帯)

に分けられます

袋帯は、30センチ程度の帯巾の長方形で、

着る時に胴の部分を半分に折って着ます、振袖や訪問着に使います。

名古屋帯は、胴の部分があらかじめ半分に折ってかがってあったり縫ってあったりするもので

お太鼓の部分は広い帯巾のままです

半幅帯は、帯巾の半分の15センチ程度の長方形をしています、

浴衣に使います

ということで、

普段、着物を着る時に良く使うのは、名古屋帯になります。

呉服屋さんで仕立ててもらうなら問題はないのですが、

リサイクル帯や、既製品の帯を購入する際は、

巾と長さにも気をつけて下さい。

特に昔の帯は、巾も狭く、丈も短めですので、

巻いてみたら長さが足りなかったわって事もままあり、

理想としたら、

帯巾は30センチ~31センチ

長さは体型にもよりますが、

ヒップ90cmで350cm程度

ヒップ95cmで360cm程度

欲しいです。

あと気をつけなければいけないのが、

名古屋帯にも

夏用

冬用

とあります

夏用は透ける布地で作られています

冬用は裏地があったり芯が入っています

夏なのに冬用の帯をするのは、おかしかったりします。

その中間というか、

単の帯があります

裏地や芯が入っていない物で

1年中使えますので重宝します。

よく、

織りの着物には染の帯でないといけないの?

と聞かれますが、

そんな事はありませんので、

組み合わせも楽しんで下さいね。

着物を購入する際に気をつけること『サイズについて』

楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

リサイクル着物も、既製品の着物も、ネットでも多く見かけるようになりました

そこで、

素敵な着物、買いたいなと思ったら

必ずサイズをチェックして下さいね

大概のリサイクル着物のページには

身丈・袖丈・裄・後巾が記載されていると思います

身丈・袖丈・裄・後巾というのは、自分の体の寸法から割り出すもので

身長がこのくらいなら身丈はこのくらい

お尻周りがこれくらいなら後巾はこれくらい、といった標準寸法で出来ています

表にまとめてみましたので購入する際の参考にしてみて下さい

  解説 標準寸法 私的には、 【まとめ】
身丈(ミタケ) 身頃の長さの事(肩から裾までと、襟付けから裾までと、測り方は2通りある) 女性の場合は、おはしょりが要るので、身長と一緒くらいの寸法をと言われている 身長程度と言われている身丈ですが、私は、身長マイナス10センチくらいが好き、逆に身長ほどもある身丈は普段着には多すぎと感じています 身丈は、身長~身長マイナス15センチ程度
袖丈(ソデタケ) 袖の長さの事 身長や年齢で多少異なるが、普段着ならば50センチ前後 襦袢の袖丈と揃えないといけないので、あまりかけ離れた袖丈のもの(アンティーク着物だと袖丈60センチ程度も多いから)は選ばないほうが無難 リサイクル着物で多く見かけるのは49センチ
裄(ユキ) 首の中心の縫い目から肩山を通り袖口までの巾 手の長さによって変わるもの、標準では手首のくるぶしまでと言われている 手首のくるぶしまでは普段着には長すぎと思う、裄も襦袢と揃えないといけないので、マイサイズを決めておくと良い リサイクル着物で多く見かけるのは62~64センチ
後巾(ウシロハバ) 背縫いから脇縫いまでの巾 ヒップのサイズで異なる、広すぎても狭すぎても着づらいのでマイサイズを決めておくと良い ヒップ100→後巾30
ヒップ95→後巾29
ヒップ90→後巾28
ヒップ88→後巾27