ブライスへの着付けとお太鼓結び

①足袋をはかせます ②半衿のゴムをはかせます ③ゴム(スナップのない物)で押さえ ④背中で結びます ⑤補正を腰にあててゴムのスナップを後ろでとめます
腰上げが縫ってありますので巻きつけるだけで着せられます
⑥着物の袖に手をとおし、背中心を背骨にあわせます
⑦下前見頃をまきます ⑧上前身頃を重ねます ⑨腰紐を当てて ⑩背中でスナップをとめます
⑪帯の細い部分を前身頃におき ⑫背中で手先(細い方)が下に来るように結びます。帯の裏側が見えるようにねじっておきます ⑬手先を反対側の脇までもってきて、胴の幅に折ります ⑭手先を結び目の上に重ねます ⑮タレ(太いほう)を裾の方へ折ります
⑯平らな面が帯上にくるようにおりあげ ⑰帯上の位置にお太鼓紐を置き ⑱胸側でスナップをとめます ⑲お太鼓の帯下位置に帯締めを内側からあて ⑳残りのタレ先(太いほうの先)をおりあげます
タレ先を少し残しておりあげ、帯締めを前に持ってきて 胸側で結びます 帯揚げを帯のすきまにとおし(ゴム通しがあると便利です) 前で結びます 顔側にある帯揚げをまっすぐ垂らします
   
ゴム通しなどの道具を使って帯の隙間に押し込み整えます 完成です


こちらの手結び帯なら、他にも立て矢結びや、文庫結びなど、色々な帯結びが楽しめます。



作り方ございます




袖なし半襦袢、衿縫い付けタイプ ¥3,900円


普段着のきもの暮らしを初めて、一番着やすかったのがこの半襦袢でした
着物を着ようと思ったら、その着物の裄(首からの手の長さ)や、その着物の袖丈に合わせて、襦袢を用意しなくてはなりません
でも、頂いた着物や、骨董屋さんなどで着物だけ購入した時は、その着物のサイズの襦袢が無いものですToT、、、
そんな時、
持っている着物サイズに合わせて袖が交換出来る襦袢があったら、
もっと楽に着物が着られるのではないでしょうか~
「袖丈や裄がバラバラな着物にも、合わせたい・・」
更に
「身頃ぐらいはマメに洗いたい・・
そんな願いを叶えてくれる半じゅばんです。。

着物の袖丈に合わせた替え袖を何枚か作っておき、取っ替え引っ替え着ています
裾は巻きスカートの様なウエストがゴムのペチコートを履いています

お洗濯の時は、身頃と袖とを別々に洗います。

半衿を縫い付けてご使用下さい。
替え袖を縫い付ける「袖付け布」が付いています、お着物の肩幅に合わせて、替え袖を付け替えて下さい。(肩幅は30~35センチに対応します)(例えば、お着物の肩幅が31センチの時は水色の線の様に替え袖を縫いつけ、お着物の肩幅が34センチの時はピンクの線の様に替え袖を縫い付けます)
背中には、腰紐を通す「衣紋抜き」が縫い付けてあります。
「くりこし」は標準で2センチです、衿を抜いて着るのがお好きな方は「くりこし3センチ」でも良いと思います、ご注文の際にご連絡下さい。
着丈は約63センチですが、身長の高い方は丈を伸ばす事も可能です、ご注文の際にご連絡下さい。
素材は、「さらし」です。

袖無し半襦袢(さらし・衿縫いつけタイプ)
¥3900円+送料は実費円 (ご注文後の製作) 

サイズ:着丈約63センチ












ご家庭で、半襦袢の衿部分に半衿を縫い付けてご使用下さい。



袖付け布が付いています、ご家庭で替え袖を縫いつけてご使用下さい
袖付け布には1センチ間隔のガイド線が付いています、
身頃と袖付け布の境目が肩幅30センチですので、肩幅30センチのお着物に合わせる時は袖付け布ぎりぎりに、
肩幅31センチのお着物に合わせる時には身頃と袖付け布の境目から1センチ離して・・という様に縫い付けます。
対応できる肩幅は、30~35です。



以下はこの襦袢に付けられるオプションになります



袖付け布を、ガチャックというクリップで袖を挟むタイプに変更可能です
ちょっとの事のようですが、縫わなくて良いって、やっぱり楽ちん。
袖付け布には1センチ間隔でタックが付いています、
身頃と袖付け布の境目が肩幅30センチですので、肩幅30センチのお着物に合わせる時は袖付け布ぎりぎりのタックに、
肩幅31センチのお着物に合わせる時には身頃と袖付け布の境目から2本目のタックに・・という様に挟んで下さい。
対応できる肩幅は、30~35です

お値段は700円追加になります 。













くりこしは標準で2センチです。
←画像の半襦袢でくりこし2センチです
もっと衣紋を抜いて着るのがお好きな方は3センチでも良いと思います。












バストの豊かな方向けに、赤い線の様に、衿付けを少しカーブして縫うことも出来ます。お値段は変わりません












身長170センチを超える方は、衿丈を長めに作りますのでコメント欄でご連絡下さい



文具屋さんでも売っています、書類等を留めるクリップです、サイズは小が良いと思います
ガチャ玉は標準で15個入っていますが、16個使いますので1個余分に入れさせていただきます。

ガチャック(小)  
¥430円+送料は実費円+これのみご注文の場合は振込手数料ご負担下さい











文具屋さんでも売っています、書類等を留めるクリップです、サイズは小が良いと思います
ガチャ玉は標準で15個入っていますが、16個使いますので1個余分に入れさせていただきます。




袖付け布を、マジックテープタイプに変更可能です
ご要望が多かったので、袖付布にマジックテープの凹を縫い付けする様に対応しました
(マジックテープ凸の方は商品に同封させていただきますのでお手持ちの替え袖に縫い付けてご使用下さい)
(クロバー社のソフトマジックテープを使用しています)
袖付け布には1センチ間隔でガイド線が付いています、
身頃と袖付け布の境目が肩幅30センチですので、肩幅30センチのお着物に合わせる時は袖付け布ぎりぎりのガイド線に、
肩幅31センチのお着物に合わせる時には身頃と袖付け布の境目から2本目のガイド線に・・という様に替え袖を付けて下さい。
対応できる肩幅。マジックテープの位置は、下記画像ご参照下さい
。(マジックテープの位置はご相談下さい)
お値段は700円追加になります 。













着物のはぎれを洗う時は新聞紙で挟んでラップの芯で巻くと良いらしい

リサイクル着物のイベントでご一緒させていただいた方から
「着物のハギレを洗う時は新聞紙で挟んでラップの芯で巻くと良いのよ」
と教えて頂き
以来、
着物のハギレを洗うときはその方法で洗っています

洗剤はおしゃれ着洗い用で良いみたい
洗うとゴワゴワになるので私は柔軟剤も入れちゃう

ネットに入れて洗濯機へ
ここで気をつけるのは1枚ずつネットに入れます
柄の違うハギレを同じネットに入れて洗ったら色移りしちゃった事があるので
ネットは、いっぱい使います
洗濯時間が選べるなら、洗い1回、すすぎ1回、脱水は最短の1分を選択、

洗い上がったら
新聞紙を半分に裂いて並べた上に布を置き、なるべくまっすぐ、シワが寄らないように広げます
最初だけ布の上にも新聞紙を重ね新聞紙で挟んだら
ラップの芯を中心にして巻きます
そのまま丸一日放置し
翌日アイロンをかけます

ハンガーなどに吊るして干すと布が歪んだり、色がにじんだりしてしまいますが、この方法だと大丈夫みたいです。
新聞紙のインクが付いちゃわない?と心配もしましたがそれも大丈夫みたいです。
脇などの折り目の跡も綺麗に伸びますよ。

※ ご注意:
縮緬は洗うと縮みます
布幅が三分の二くらいに細くなっちゃいますので覚悟して洗って下さい
あと、
家で洗えないものとしては、
刺繍のあるものも、刺繍糸だけ縮んでしまいますので、洗わない方が無難です。


では、
こんなシミのあるハギレはどうしたら良いでしょう?


付いている汚れの成分にもよるのでしょうが
泥汚れや油でしたら、酵素系の液体洗剤を塗りつけしばらく放置
衿や袖口の汚れ落としのあんな感じです

でも、古い汚れなので、なかなか落ちないと思います。

その時は諦めて、綺麗な部分だけを使って下さい。

ファスナーポーチの作り方(ラウンドファスナー)



画像のようなファスナー付きのポーチを作ってみましょう
材料-表布/内布/ファスナー(20cmのナイロンファスナーなど)/
作り方-
①型紙を用意する-
型紙はお好みサイズで大丈夫です、画像のものはA4サイズのコピー用紙を4つ折りにした大きさです
②接着芯を型紙通りの大きさに2枚裁つ
(厚みはお好みです、画像のものは1mm厚程度のナイロン接着芯です、キルト綿でふんわり仕立てても良いです。point芯には縫い代はつけません)
③表布の裏側に型紙通りに印を付け、縫い代1cm付けて裁つ-
④内布の裏側に②で断った芯をアイロンで貼り、縫い代1cm付けて裁つ
⑤内布2枚を中表に合わせ印通りに開き止まりまで縫う(芯ぎりぎりの位置を縫います)

⑥表布にファスナーを付ける-
(縫い方はミシンがあればミシン縫い、手縫いの場合は半返し縫いでしっかり縫って下さい)
a-表布を中表に合わせ、ファスナー付けの下部分のみを縫う(底から2センチ程度の部分のみです)

ファスナー付け位置にファスナーを付ける
b-表布は印通りと、ファスナーは金具から5mm外側とを合わせしつけをするpointファスナーの先は→画像の様に斜めに縫い込む様に縫って下さい
c-ミシンの押さえをファスナー押えにし、しつけどおり縫う
d-しつけは外しておく
e-ファスナー付け位置の布端にステッチをかける

⑦表布を中表に合わせ、脇と底を印通り縫う
⑧角の縫い代は直角に折って糸で綴じておく
⑨表に返す、角は目打ちなどでしっかり出しておく
⑩内布のファスナー口まわりを印通りに折り曲げ、立てまつりで本体にまつりつける(脇の縫い代は割ります)
-完成です-

↓ 内布と立てまつり

お母様の振袖を娘さんに着せたい 必要なものは?

楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!

成人式ということで写真館に前撮りをお願いしたら、準備して下さいと言われたもの一覧です。

レンタルで一式借りれるなら心配は無いのでしょうが

自分で揃えると結構大変そう。。

解説は下記に記載してあります。

1 着物  しつけははずしておいて下さい

2 長襦袢  半衿は必ずつけておいて下さい

3 腰紐(5本)

4 帯板(2枚) 前板1枚、後板(長さ30cm位)1枚

5 帯枕  枕と紐にガーゼがかかっていない場合は、ガーゼを巻いておいて下さい

6 三重ひも 中心に伸縮性のゴムが3重になった仮ひも

7 タオル フェイスタオル5枚、ハンドタオル1枚

8 伊達締め 2本

9 帯揚げ

10 帯締め

11 足袋

12 肌じゅばん

13 裾よけ

14 帯

15 衿芯

16 草履

【解説】

一般的なご家庭で家にあるものとしたら、1着物.2長襦袢.7タオル.14帯、でしょうか

わかりにくそうな事柄や

これってどういうもの?

を解説しておきます

参考になさって下さい


1着物のしつけをはずすとは・・
しつけとはこんなのです、、
袖の周囲や裾などに
白い糸で大きな針目で縫ってあります
1回着用してあればなくなっていると思いますが
新品だったら、袖や裾についているかもしれませんので
すべて外して下さい

2 長襦袢 半衿は必ずつけておいて下さい
半衿とは、襦袢の衿につける別布のこと
糸で縫い付けます
縫い付けるのはちょっと大変かもだけど
呉服屋さんに頼めれば、、いいのだけど
でもなんとかなる。
是非家庭でつけてみて下さい
縫い付け方は半衿の付け方のページに載せておきます

それと、
一覧に記載はなかったけど、
襦袢の丈も要チェックです。
腰紐を使って着物を着る時の様におはしょりをとっても着れるのだけど
着ていたら、裾から襦袢がはみ出してきた~
ではかわいそうなので、
丈の長い襦袢は縫い上げておくと良いと思います
縫い上げ方もこのページの下に載せておきますね


3 腰紐(5本)
楽天市場でも、腰紐3本セットはよく見かけるけど
写真館が5本って言うのだから
5本必要なんだろうね


4 帯板(2枚) 
前板1枚と、後板(長さ30cm位)1枚の、計2枚の事です
後板は私も持っていなかったので買い足しました
後板は、前板よりやや巾の狭い帯板です
前板も、ベルトの付いたタイプと、ベルトのついてないタイプとあります
私はベルトの付いてないタイプを使っています。


5 帯枕  枕と紐にガーゼがかかっていない場合は、ガーゼを巻いておいて下さい
楽天市場では、ガーゼ付きのも売っているようです
帯枕は持っているのよという方は
ガーゼ、たぶん薬局で売っています
それか、
ガーゼの代わりに、ストッキングやタイツをかぶせてもOK。伸縮具合が良い感じですよ。
帯枕の加工はこのページのこのページの下に記載しておきます。


6 三重ひも 中心に伸縮性のゴムが3重になった仮ひも
これも持っていなかったので買い足しました。
振袖の華やかな帯結には使うみたいですね。


8 伊達締め 2本
伊達締め2本となっているけど
伊達締め=マジックベルトなので
どちらでも良いと思います。。


9 帯揚げ
振袖用には、総絞りを用います
と思っていましたが、
最近はそうでもないみたい
色々なお色がありますが
着物や帯に使われている色から選ぶと組み合わせやすいです。


10 帯締め /
帯締めには、平べったいタイプと、チューブ状の丸いタイプとありますが、
振袖用には丸いタイプ、丸ぐけを用います


11 足袋
こはぜ付きの足袋がお勧め。
成人式当日は寒かろうと思い
【足袋カバー】
も合わせて注文
行く道で汚れたらカバーだけ脱げばいいしネ




12 肌じゅばん
着物や襦袢を汚さないように着るもの
汗取り
肌襦袢と裾よけが一体型になった着物スリップもお勧め




13 裾よけ
着物や襦袢を汚さないように着るもの
汗取り
肌襦袢と裾よけが一体型になった着物スリップもお勧め


15 衿芯
差し込みタイプ
という物を選んでください


16 草履
一覧には載っていなかったけど
バッグも必須なので
バッグと草履がお揃いの商品が良いと思います。
草履のサイズが、M・L・LLとあるので
サイズに注意して購入しましょう


一覧には載っていなかったけど、
成人式と言ったら
ファーのショールも必須
今時は色々な色のファーがあるのね
フェイクファーだと3000円くらい
毛皮のファーだと20000円くらい~


一覧には載っていなかったけど、
成人式と言ったら
伊達衿(重ね衿)も必須
最近はリバーシブルの物や
スパンコールが付いている物もあって
華やかでいいですね。


上記の着付け小物、『着物なごみや』さんでまとめてご購入出来ます。

【成人式/振袖用】和装小物セット 着付け小物セット 成人式用 12点 レディース【宅配便のみ】【人気商品】【RCP】『20』在庫品



ノーブランド品 成人式 振袖用 和装小物セット 着付け小物セット 成人式用 12点 レディース L

ということでまとめてみると   の部分は準備ができそうなので、

1 着物  しつけははずしておいて下さい
2 長襦袢  半衿は必ずつけておいて下さい
◎3 腰紐(5本) ←腰紐3本組+ウエストベルト
◎4 帯板(2枚) 前板1枚、後板(長さ30cm位)1枚 ←帯板+前板
◎5 帯枕  枕と紐にガーゼがかかっていない場合は、ガーゼを巻いておいて下さい ←帯枕
◎6 三重ひも 中心に伸縮性のゴムが3重になった仮ひも ←三重仮紐
7 タオル フェイスタオル5枚、ハンドタオル1枚
◎8 伊達締め 2本 ←和装ベルト+コーリンベルト
9 帯揚げ
10 帯締め
11 足袋
◎12 肌じゅばん ←ガーゼ肌着
◎13 裾よけ ←裾よけ
◎15 衿芯 ←衿芯

あとは、

1 着物 2 長襦袢 7 タオル 9 帯揚げ 10 帯締め 11 足袋 

バッグ、草履、ファー、重ね衿

と、

半衿付けと、

帯枕にガーゼをかぶせる

ですみそうです。


襦袢の丈直し

→のように衣紋を抜いて襦袢をはおってみます
標準的な長さはくるぶし程度でOKなので
何センチ長いか計ります

裾から長い分を折り上げ
グシグシ縫います。


帯枕の加工
帯枕の紐は、タイツの足の部分2枚を縫って繋いだもの、を使うと伸縮具合がGoodです!